お金借りるのに金利が安いのは?無利息期間のあるコチラ!

お金を借りるのに金利が安いところを選ばないのは勿体無い!
そんな方に人気の金利が安いことに加え、即日融資も可能な大手カードローンを集めました。

 

中でも「無利息サービス」は、文字通り金利ゼロなので、これを利用しないと損をしますよ!

 

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム

アコム

キャッシング最大手アコムの特徴

アコムを初めて利用する方は、最大30日間は利息がゼロ円!という無利息期間があるので、返済時の金利負担が少なくなります。
また、ネットでの申し込み〜審査完了までが最短30分と業界で最短
今から借りたい!という即日融資を希望される方にも人気です。実績・知名度・無利息期間・即日融資度、どれを取ってもアコムは不動のNo.1です。

無利息期間 審査時間 年利
最大30日間 最短30分 3.0〜18.0%

 

三井住友フィナンシャルグループのプロミス

プロミス

プロミスの特徴

プロミスもアコム同様に初めて利用する方は、最大30日間は利息がゼロ円!という無利息期間があるので、返済時の金利負担が少なくなります。
また、土日祝でも24時間最短10秒で振込融資をしてくれる「瞬フリ」が使える口座を持っているならプロミスがお勧め。(瞬フリは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていればOK)

無利息期間 審査時間 年利
最大30日間※メアドとWeb明細利用の登録が必要 最短30分 4.5〜17.8%

 

 

お金借りるのに金利が安い所を選ぶのは賢い選択

利息の計算方法を知っておきましょう

利用金額×利率÷365日×利用日数=利息金額

 

30万円の利息計算

30万円×18%(※上限金利)÷365日×30日=4438円
※法律によって決められている「法定金利」は、30万円の借り入れの場合は上限が18%となっています。

 

このように、仮に30万円のキャッシングをすると1ヶ月で4438円もの利息を払わなければいけない計算になります。
しかし無利息期間中に全額返済してしまうと、この4438円を支払う必要はありません。1回分の飲み代がまるまる浮く計算ですよね。

 

無利息期間中に全額返済ができないとしても、できるだけ返済して利息がかかってくる元金を減らしておくことで後が楽になります。

 

見た目の金利の数字だけではなく、無利息期間がある・なしでは、お金を安く借りられるかどうかが大きく変わります。

 

お金の借入先の選択肢

お金の借入先に迷う人のイメージ

カードローンでお金を借りようと思ったときに、選択肢としては2つあります。1つは「消費者金融」、もう1つは「銀行系」の2つです。

 

銀行系の方が安心そう・・・と思う人も多いですが、今の消費者金融(知名度のある大手の場合)は、大手の銀行の1つのグループ会社として経営している所がほとんどです。

 

「消費者金融=怪しいヤミ金」というイメージは、もはや過去のものです。

 

また、銀行系は確かに消費者金融と比べると金利が安い傾向にありますが、それなりの審査ハードルが待ち構えているというデメリットがあります。

 

つまりそれだけ審査に時間をかけて慎重に行うことにも繋がるので、今日中に借りたいんだけど・・・という即日融資のニーズにはこたえられないケースがあります。その点、消費者金融は審査スピードも速いので、今日中にお金を借りたいというニーズにもこたえてくれます。

 

お得にお金を借りられて喜んでいる女性のイメージ

今の消費者金融は計画的に利用していれば、決して怖いものではなく心強い味方になってくれるところです。

 

金利が安くてお金を必要なときにスグに借りられるのは、間違いなく大手の消費者金融です。

 

ただし大手ならどこでもOKというわけではありません。通常の金利を負担しなければいけないのであれば、それは低金利とはいえません。

 

選ぶべきは無利息期間サービスのある消費者金融。無利息は返済時の金額が大きく変わってくるポイントです。無利息・審査スピード・知名度の3点で、借りる業者を選びましょう。アコムとプロミスはどれもクリアしているのでお勧めですよ。

 

借りたいお金の金額に合わせて金利の安さを選択するのが賢い方法

とにかく早くお金を借りたい!という人の中でも、「10万円ぐらい借りれればOK」という人もいれば、「100万円単位で借りたい」という人もいます。

 

結論から言えば、〜30万円ほどを早く借りたいのであれば無利息期間のある消費者金融が最適です。逆に、50万円以上の金額を借りたいのであれば、銀行カードローンが最適です。(※即日性という観点からは消費者金融よりも劣ります)

 

借り入れ金額が上がるほど審査のハードルは当然高くなります。
カードローンは担保も保証人も不要で、申し込んだ人自身の信用力(=返済能力)のみでお金を借りられる非常に便利なものです。

 

利用者からするとカードローンは手軽にお金を借りることができます。しかし、お金を貸す側からすれば、担保も保証人もないので「貸し倒れ」というリスクを抱えています。

 

そうしたリスクを考慮すれば、高額融資をする際には慎重な審査をする必要がどうしても出てきます。そのために融資までに時間がかかってしまい、即日融資が難しくなってしまいます。

 

「時間を取るか」「金利を取るか」という2つの選択肢を天秤にかけて、借入先を選ぶのが賢い方法です。