即日融資もOK!無利息期間のあるカードローンがお得

閃いたイメージ

お金を借りるのに一番ネックとなるのが金利だと言う人も多いですよね。できることなら少なく、可能であれば限りなくゼロにしたい。

 

しかしお金を借りる際の『レンタル料』ともなっている金利がゼロというのは現実的にはあり得ませんが、少しでも金利を抑えるにはカードローンの中でも、銀行系を選択しましょう。

 

銀行系はこうした低金利という特徴の他、利用限度額が高い(500万円程度まで融資可能という銀行も多い)というメリットもありますが、審査が厳しいというデメリットもあります。

 

それに対して、即融資を受けられる消費者金融系のカードローンは金利が比較的高めですが、実は消費者金融系のカードローンの中には、無利息の期間がある会社もあります。

 

無利息とは、決められた期間(決して永遠に無利息という訳ではありません)の間は利息がかからないというものです。

 

要するに、金利が0円の期間が設定されているということです。従って、その無利息の期間のうちに全額返済をすれば、借入金額だけ返済すればいいということです。

 

「手持ちの現金が無くて数万円だけちょっとの間だけでも借りたい」という人には非常にありがたい期間です。実質、金利負担が全くない状態でお金を借りたことになります。

 

全額返済といかない場合でも、3ヶ月の融資を受ける場合、そのうち1ヶ月が無利息の期間が設定されていれば、実際には借り入れをして2ヶ月目からしか金利がプラスされません。最初の1ヶ月間の間に半分だけでも返済をしてしまえば、結果的に返済する利息は半分に抑えれます。

 

全額返済できないにしても、一般的なカードローン会社では定められた返済日以外にも、こちらの都合で任意に返済することができます。

 

無利息期間中で少しでも手持ちにお金があるときに小まめに返済しておけば、利息が掛かる元金がどんどん減るので、最終的に支払う利息金額は大きく抑えられます。

 

このような無利息期間を設けているのは、消費者金融系がほとんどです。銀行系は最初から低金利なので、こうした無利息期間サービスを期待することは非現実的です。

 

銀行系と消費者金融のカードローンの特徴を理解した上で、こうした使い分けをするとお得に活用できます。

 

カードローンの特徴まとめ

銀行系:審査のハードルは高い、金利が低い、限度額が大きい
消費者金融系:審査のハードルは低め、金利が高い(→無利息期間があれば利息負担は抑えられる)、限度額はそこそこ

 

→無利息期間のある大手カードローンはこちらのページでご紹介しています